Bioorganic chemistry

化学・生物応用工学専攻 生物有機化学研究室

Research

学会発表

    2011

  1. 櫻井敏彦,松森広大,柴田崇弘,木瀬直樹,"細胞内におけるPNA-PEGコンジュゲートの機能評価",第60回高分子討論会,岡山大学(岡山),9月25-27日,2011年
  2. 櫻井敏彦,柴田崇弘,河田康志,木瀬直樹,奥野貴士,"1塩基認識能を増幅する人工核酸モデルの設計と遺伝子発現制御",第60回高分子学会年次大会,大阪国際会議場(大阪),5月25-27日,2011年
  3. 櫻井敏彦,藤田有紀,木瀬直樹,"アミロイドβフラグメントの機能化〜低分子化合物による線維化阻害効果のスクリーニング〜",第60回高分子学会年次大会,大阪国際会議場(大阪),5月25-27日,2011年
  4. 2010

  5. 奥野貴士,三浦健太郎,櫻井敏彦,野中あおい,小暮健太郎,上野雅晴,"膜タンパク質の機能イメージング解析を目的とした新規モデル脂質膜の開発",第32回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム,富山国際会議場(富山),11月29,30日,2010年
  6. 櫻井敏彦,"モデルペプチドが形成するアミロイド様ナノファイバー",ナノファイバー研究会,鳥取大(鳥取),11月12日,2010年
  7. 布施谷次郎,木瀬直樹,櫻井敏彦,"海産由来細胞外マトリックスの抽出法確立と機能評価",第25回中国四国地区高分子若手研究会,白兎会館(鳥取),11月11-12日,2010年
  8. 柴田崇弘,奥野貴士,河田康志,木瀬直樹,櫻井敏彦,"PNA-PEGコンジュゲートの調製と機能評価",第25回中国四国地区高分子若手研究会,白兎会館(鳥取),11月11-12日,2010年
  9. 藤田有紀,木瀬直樹,櫻井敏彦,"Abペプチドフラグメントが誘起する分子内FRETとその機能評価",第25回中国四国地区高分子若手研究会,白兎会館(鳥取),11月11-12日,2010年
  10. 櫻井敏彦,奥野貴士,河田康志,木瀬直樹,"PNA-PEG コンジュゲートによる遺伝子発現制御",日本化学会西日本大会2010,熊本大学(熊本),11月6-7日,2010年
  11. 櫻井敏彦,奥野貴士,河田康志,木瀬直樹,"PNA-PEGコンジュゲートの分子設計と遺伝子発現制御",第4回バイオ関連化学シンポジウム,大阪大学(大阪),9月24-26日,2010年
  12. 奥野貴士,櫻井敏彦,小暮健太郎,上野雅晴,"2価カチオンによる大腸菌抽出脂質ベシクルの形態変化",第4回バイオ関連化学シンポジウム,大阪大学(大阪),9月24-26日,2010年
  13. 布施谷次郎,藤田有紀,櫻井敏彦,木瀬直樹,"アミロイドβペプチドフラグメントの機能化",若手研究者のための化学道場,山鹿国民宿舎(鳥取),9月7-8日,2010年
  14. 柴田崇弘,奥野貴士,河田康志,木瀬直樹,櫻井敏彦,"PEG化ペプチド核酸による遺伝子発現制御",若手研究者のための化学道場,山鹿国民宿舎(鳥取),9月7-8日,2010年
  15. 2009

  16. 竹永陽斉,櫻井敏彦,木瀬直樹,"N-アルコキシカルボニルラクタムとケトンの低原子価チタンを用いた還元クロスカップリング",第90回日本化学会春季年会,近大(大阪),3月26-29日,2010年
  17. 岩崎智樹,竹内章子,木瀬直樹,河田康志,櫻井敏彦,"A.beta.シークエンスを利用した分子内FRET発現モデルペプチドの設計と機能評価",日本化学会西日本大会2009,愛媛大学(愛媛),11月,2008年
  18. 竹内章子,岩崎智樹,木瀬直樹,簗瀬英司,河田康志,奥野貴士、櫻井敏彦,"新規PNAによる遺伝子発現制御",日本化学会西日本大会2009,愛媛大学(愛媛),11月,2009年
  19. 岩崎智樹,木瀬直樹,櫻井敏彦,"Ab シークエンスを利用した蛍光プローブの調製と機能評価",第24回中国四国地区高分子若手研究会・徳島,11月,2008年
  20. 竹内章子,河田康志,奥野貴士、櫻井敏彦,"PNA-PEG コンジュゲートによる遺伝子発現制御",第24回中国四国地区高分子若手研究会・徳島,11月,2009年
  21. 大久保未来, 櫻井敏彦, 本郷邦広, 溝端知宏, 河田康志,"ヒトPancreatic Polypeptide のアミロイド線維形成",第8回日本生化学会大会・神戸,10月21-24日,2009年
  22. 2008

  23. 谷名宏允,小郷真智子,野中あおい,櫻井敏彦,小暮健太朗,奥野貴士,"新規抗生物質開発を目指したバクテリアの分裂位置を制御する蛋白質間の相互作用解析",日本薬学会第128年会・横浜,3月26-28日,2008年
  24. 島村健吾,櫻井敏彦,西山勝彦,谷口功,"金属配位子を有するオリゴペプチド修飾電極の電気化学的特性",第45回化学関連支部合同九州大会,北九州国際会議場(福岡),7月5日,2008年
  25. 岩崎智樹,木瀬直樹,櫻井敏彦,"アミロイドモデルペプチドによる線維化構造の解析",第23回中国四国地区高分子若手研究会・愛媛,11月,2008年
  26. 竹永陽斉,櫻井敏彦,木瀬直樹,"光学活性な芳香族ω−イミノエステルの電極還元分子内カップリング",第89回日本化学会春季年会,日大(千葉),3月27-30日,2009年
  27. 2007

  28. 櫛山菜摘子,島村健吾,西山勝彦,櫻井敏彦,谷口功,"種々のトリペプチド修飾電極上でのFDH 及びBOD の酵素電極反応",第10回生命化学研究会シンポジウム・熊本(2008)「つくる生命化学−未来への展望−」,熊本大(熊本),1月11日,2008年
  29. 西山勝彦,島村健吾,櫻井敏彦,谷口功,"ターピリジン,フェナントロリンを有するオリゴペプチド修飾電極の構造変化による機能制御",第53回ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論会,神戸大(神戸),11月24-25日,2007年
  30. 浦谷朋史,櫻井敏彦,"モデルペプチドによるアミロイド様線維構造の形成挙動",第22回中国四国地区高分子若手研究会,岡山大(岡山),11月15-16日,2007年
  31. 西山勝彦,島村健吾,櫻井敏彦,谷口功,"配位子を有するオリゴペプチド修飾電極の局部的及び二次構造変化",電気化学会秋季大会,東工大(東京),9月19-20日,2007年
  32. 西山勝彦,島村健吾,櫛山菜摘子,櫻井敏彦,谷口功,"種々のトリペプチド修飾電極による電極反応制御と酵素修飾電極への応用",電気化学会秋季大会,東工大(東京),9月19-20日,2007年
  33. 西山勝彦,島村健吾,櫻井敏彦,谷口功,"トリペプチド修飾電極の電気化学挙動と酵素固定表面への応用",第31回有機電子移動化学討論会,鳥取大(鳥取),6月14-15日,2007年
  34. 竹永陽斉,櫻井敏彦,木瀬直樹,"芳香族ω−イミノエステルの電子還元分子内カップリング",第31回有機電子移動化学討論会,鳥取大(鳥取),6月14-15日,2007年
  35. 櫻井敏彦,伊原博隆,"交互型Seq-ポリペプチドが形成するcross-β構造へのペプチド鎖長依存性",第56回高分子学会年次大会,国立京都国際会館(京都),5月29-31日,2007年
  36. 櫻井敏彦,河田康志,"Aβ(1-42)シークエンスによるアミロイド線維の構築と構造評価",第56回高分子学会年次大会,国立京都国際会議場(京都),5月29-31日,2007年
  37. 西山勝彦,島村健吾,櫻井敏彦,谷口功,"種々の官能基を有するトリペプチド修飾電極の金属イオンによる電極反応制御", 電気化学会第74回大会,東京理科大(東京),3月29-31日,2007年
  38. 櫻井敏彦,石橋優希,河田康志,"Aβ(1-42)シーケンシャルドメインを利用した配向性会合体の構築",日本化学会第87春季年会,関西大(大阪),3月25-28日,2007年


  39. (国際学会)
  40. T. Sakurai, T. Uratani, H. Ihara, "Amyloid-like structural properties of the alternating seq-polypeptide and their assembly kinetics", 10th Pacific Polymer Conference (PPC 10), Kobe (Japan), 12/4~7, 2007.
  41. A. Shundo, T. Sakurai, M. Takafuji, H. Ihara, "High-Selective Normal-Phase Liquid Chromatography for Polycyclic Aromatic Hydrocarbons by b-Structural Poly(L-Alanine)-Grafted Silica.", 31th International Symposium & Exhibit on High Performance Liquid Phase Separations & Related Techniques (HPLC-2007), Ghent, Belgium, 6/17-21, 2007.
  42. 2006

  43. 櫻井敏彦,古賀正樹,伊原博隆,"交互型ペプチドアナログが発現するアミロイド構造由来の蛍光特性",高分子学会年次会,名古屋国際会議場(名古屋),5月24-26日,2006年
  44. 西山勝彦,岡哉耶花,久保敦,櫻井敏彦,谷口功,"ポリペプチドの二次構造変化による電極反応の制御",電気化学会第73回大会,首都大(東京),4月1-3日,2006年
  45. 2005

  46. 奥野貴士,櫻井敏彦,船崎紀昭,"大腸菌の細胞分裂位置を調節するMinD/ATPaseの機能解析",日本薬学会第126年会,仙台国際センター他(仙台),3月28-30日,2006年
  47. 櫻井敏彦,"特異モデルペプチドを用いたアミロイドファイバーの構造解析",産学官フェスティバル,鳥取大(鳥取),11月17日, 2005年
  48. 春藤淳臣,櫻井敏彦,高藤誠,永岡昭二,伊原博隆,"β-構造型ポリ(L-アラニン)の分子形状識別能の検出とその評価",Separation Science 2005,東工大(東京),7月28-29日, 2005年
  49. 佐藤崇雄,永岡昭二,益田祐樹,櫻井敏彦,高藤誠,伊原博隆,"セロオリゴ糖側鎖型ポリマー会合体の電子顕微鏡観察とその会合メカニズム",セルロース学会第12回年次大会,九州大(福岡),7月21-22日, 2005年
  50. 宮本明広,阿部泰之,城崎智洋,櫻井敏彦,高藤誠,真下茂,小野正雄,長壁豊隆,伊原博隆,"超重力場でのラジカル共重合による組成傾斜高分子材料の作製",第54回高分子学会年次大会, パシフィコ横浜(横浜),7月25-27日, 2005年
  51. 迫法広,櫻井敏彦,高藤誠,伊原博隆,永岡昭二,磯田祐一,大場智之,"刺激応答性有機シランゲルからの新規多孔質材料の作製",第54回高分子学会年次大会, パシフィコ横浜(横浜),7月25-27日, 2005年


  52. (国際学会)
  53. N. Sako, T. Nouzaki, T. Sakurai, M. Takafuji, Y. Isoda, T. Ooba, S. Nagaoka, H. Ihara, "Development of monolithic porous silica from organosiloxane gels", Pacifichem2005, Honolul, Hawaii (USA), 12/15-20, 2005.
  54. S. Chowdhury, T. Sakurai, M. Takafuji and H. Ihara, "Aggregation Morphology of a Novel Dialkylated Telomer with Poly(Vinylpyrrolidone) in Both Organic and Aqueous Solvents", 2005 Pusan-Kyeongnam/Kyushu-Seibu Joint Symposium On High Polymers (12th) and Fibers (10th),Fukuoka, 11/3-5, 2005.
  55. Y. Kira, T. Sakurai, M. Takafuji, H. Hachisako and H. Ihara, "Micro-honeycombed Suprastructures from Xerogels with Mono Alkyl L-Glutarimide Derivative", International Forum "New Waves in Supramolecular Chemistry",Kumamoto, 10/24, 2005.
  56. S. Chowdhury, T. Sakurai, M. Takafuji and H. Ihara, "Aggregation Morphology of a Novel Dialkylated Telomer with Poly(Vinylpyrrolidone) in Both Organic and Aqueous Solvents", International Forum "New Waves in Supramolecular Chemistry",Kumamoto, 10/24, 2005.
  57. H. Harada, M. Takafuji, T. Sakurai, H. Hachisako, and H. Ihara, "Formation of Microtubular Suprastructures through Nanofabrication with Mono Alkyl L-Glutarimide Derivative", 8th International Symposium on Polymer for Advanced Technologies , Budapest, Hungary, 9/13-16, 2005.
  58. H. R. Ansarian, M. Derakhshan, T. Sakurai, M. Takafuji, H. Ihara, "Evaluation of Molecular Ordering and Mobility of a Comb-shaped Polymer grafted on silica by Suspension-state 1H-NMR and Solid-state 13C-CP/MAS-NMR", 8th SPSJ International Polymer Conference (IPC2005), Fukuoka, Japan, 7/26-29, 2005.
  59. S. Chowdhury, T. Sakurai, H. Ihara, "Synthesis and Self-Assembling Behavior of Amphiphilic Polymer Composed of Poly(Vinylpyrrolidone) with Dialkylated L-Glutamide Terminal Group.", 8th SPSJ International Polymer Conference (IPC2005), Fukuoka, Japan, 7/26-29, 2005.
  60. A. Shundo, T. Sakurai, M. Takafuji, S. Nagaoka, H. Ihara, "Detection of Conformational Effect of Poly(L-Alanine) on Molecular-Shape Selectivity", 8th SPSJ International Polymer Conference (IPC2005), Fukuoka, Japan, 7/26-29, 2005.
  61. H. Harada, T. Sakurai, M. Takafuji, H. Hachisako, H. Ihara, "Formation of Micro-Honeycombed Sprastructures from Chiral Organogels with Mono Alkyl L-Glutarimide Lipids", 8th SPSJ International Polymer Conference (IPC2005), Fukuoka, Japan, 7/26-29, 2005.
  62. A. Miyamoto, Y. Abe, T. Shirosaki, T. Sakurai, M. Takafuji, T. Mashimo, M. Ono, T. Osakabe, H. Ihara, "Preparation of Nano-Scale Binary Graded Polymer by Copolymerization under Mega Gravity Field", 8th SPSJ International Polymer Conference (IPC2005), Fukuoka, Japan, 7/26-29, 2005.
  63. M. Derakhshan, H. R. Ansarian, T. Sakurai, M. Takafuji, H. Ihara, "Photo-polymerizable Chiral Nanogel Derived from Lipophilic L-glutamide with β-Nitrostyrene Head", 8th SPSJ International Polymer Conference (IPC2005), Fukuoka, Japan, 7/26-29, 2005.
  64. N. Sako, T. Nozaki, T. Sakurai, M. Takafuji, Y. Isoda, T. Ooba, S. Nagaoka, H. Ihara, "Preparation of Monolithic Porous Material from Stimuli-Responsive Organosiloxane Gel.", 8th SPSJ International Polymer Conference (IPC2005), Fukuoka, Japan, 7/26-29, 2005.
  65. A. Shundo, T. Sakurai, M. Takafuja, S. Nagaoka, H. Ihara, "Pi-Electron-Containing Linear Polymeric Organic Phases for Shape-Selective RP-HPLC" 29th International Symposium on High Performance Liquid Phase Separations and Related Techniques (HPLC-2005), Stockholm, Sweden, 6/26-30, 2005.
  66. A. Shundo, R. Nakashima, M. Fukui, T. Sakurai, M. Takafuji, S. Nagaoka, and H. Ihara, "Enhancement of Molecular-Shape Selectivity in HPLC through Multi-Anchoring of Comb-Shaped Polymer as Organic Phase", 29th International Symposium on High Performance Liquid Phase Separations and Related Techniques (HPLC-2005), Stockholm (Sweden), 6/26-30, 2005.
  67. M. Rahman, H. R. Ansarian, M. Derakhshan, T. Sakurai, M. Takafuji, and H. Ihara, "Enhanced Molecular Shape Selectivity by L-Glutamide Derived-Lipid Grafted-Silica as a Novel Stationary Phase for RP-HPLC", 29th International Symposium on High Performance Liquid Phase Separations and Related Techniques (HPLC-2005), Stockholm (Sweden), 6/26-30, 2005.
  68. A. Shundo, M. Takafuji, T. Sakurai, S. Nagaoka, and H. Ihara, "Effect of Molecular Ordering of beta-Structural Poly(L-Alanine) on Molecular-Shape Selective Interaction", 5th International Symposium on Molecular Mobility and Order in Polymer Systems , St. Petersburg (Russia), 6/20-24, 2005.
  69. M. Takafuji, S. Sawada, T. Sakurai, and H. Ihara, "Optical Property of Polymer Composite Film with Chirally-Ordered Assemblies", 5th International Symposium on Molecular Mobility and Order in Polymer Systems , St. Petersburg (Russia), 6/20-24, 2005.
  70. 2004

  71. 三浦さき子,坂本快朗,櫻井敏彦,内村康寛,中尾光善,斉藤寿仁,"本核膜孔タンパク質RanBP2/Nup358とポリコームタンパク質Pc2のSUMO-E3リガーゼ活性調節の比較",分子生物学会,神戸国際会議場(神戸),12月8-11日, 2004年
  72. 城崎智洋,Dzhamil Alekperov,櫻井敏彦,高藤 誠,伊原博隆,"シリンドリカルシクロホスファゼン誘導体による新規オルガノゲル形成剤の創製",2004年日本化学会西日本大会,大分大(大分),10月30-31日,2004年
  73. M. Mizanur Rahman, H. R. Ansarian, M. Derakshan, T. Sakurai, M. Takafuji, H. Ihara, "Characterization and Chromatographic Performance of New Double Alkyl L-glutamide-Functionalized Silica Stationary Phases", 2004年日本化学会西日本大会,大分大(大分),10月30-31日,2004年
  74. 宮本明広,城崎智洋,櫻井敏彦,高藤誠,小野正雄,長壁豊隆,真下茂,伊原博隆,"超重力場を利用した二成分系高分子傾斜材料の作製",2004年日本化学会西日本大会,大分大(大分),10月30-31日,2004年
  75. 櫻井敏彦,伊原博隆,"モデル化ポリペプチドによるアミロイド繊維の形成と構造評価",特定領域「蛋白質の一生」班会議,シーガイア(宮崎),10月26-29日,2004年
  76. 櫻井敏彦,植木直和,古賀正樹,高藤 誠,伊原博隆,"β構造型ナノファイバー構造による金属イオン配向制御",繊維学会秋季研究発表会,熊本大(熊本),9月30-10月1日,2004年
  77. 高藤 誠,辻 秀章,石躍 新,櫻井敏彦,伊原博隆,"自己組織性オルガノゲルからの円偏光二色性フィルムの作製",繊維学会秋季研究発表会,熊本大(熊本),9月30-10月1日,2004年
  78. 城崎智洋,Dzhamil Alekperov,櫻井敏彦,高藤 誠,伊原博隆,"シリンドリカルシクロホスファゼン誘導体によるナノフィブリル状超分子の作製",繊維学会秋季研究発表会,熊本大学(熊本),9月30-10月1日,2004年
  79. 橋本憲斉,櫻井敏彦,高藤誠,伊原博隆,"自己組織化を利用するアニオン性有機ナノ繊維の創製と機能化に関する研究",繊維学会秋季研究発表会,熊本大(熊本),9月30-10月1日,2004年
  80. 原田弘孝,櫻井敏彦,高藤誠,伊原博隆,鉢迫博,"モノアルキルL−グルタルイミドによる繊維状キラルナノゲルの形成",繊維学会秋季研究発表会,熊本大(熊本),9月30-10月1日,2004年
  81. 櫻井敏彦,Mahanat Deracthian, Hamid Reza Ansarian, 高藤誠,伊原博隆,"β-sheet型ペプチドナノファイバーを鋳型とした金属イオンの配列制御",第53回高分子学会討論会,北大(北海道),9月15-17日,2004年
  82. 櫻井敏彦,植木直和,古賀正樹,高藤誠,伊原博隆,"β-sheet型ペプチドナノファイバーを鋳型とした金属イオンの配列制御",第53回高分子学会討論会,北大(北海道),9月15-17日,2004年
  83. 城崎智洋,Dzhamil Alekperov,Galina Popova,櫻井敏彦,高藤誠,伊原博隆,"シクロホスファゼンを利用したデンドリック誘導体によるナノフィブリル状超分子の作製",第41回化学関連支部合同九州大会,北九州国際会議場(北九州),7月17日,2004年
  84. M. Mizanur Rahman,Ansarian Hamid Reza,Derakshan Mahnaz,櫻井敏彦,高藤誠,伊原博隆,"Enhanced Shape Discrimination by Double Alkylated L-Glutamide Phases in RP-HPLC",第41回化学関連支部合同九州大会,北九州国際会議場(北九州),7月17日,2004年
  85. M. Saleh Chowdhury,櫻井敏彦,高藤誠,伊原博隆,"Synthesis of Poly(vinyl pyridine) with Dialkylated L-Glutamide Anchor",第41回化学関連支部合同九州大会,北九州国際会議場(北九州),7月17日,2004年
  86. 春藤淳臣,櫻井敏彦,高藤誠,永岡昭二,伊原博隆,"シリカ表面上のポリ(L−アラニン)の二次構造を利用する分子形状識別とキラル分離",第41回化学関連支部合同九州大会,北九州国際会議場(北九州),7月17日,2004年
  87. 福井愛,三牧崇優,櫻井敏彦,高藤誠,伊原博隆,"双性イオン型シリカにおける静電クロマトグラフィー",第41回化学関連支部合同九州大会,北九州国際会議場(北九州),7月17日,2004年
  88. 福井愛,三牧崇優,Hamid Reza Ansarian,Derakhshan Mahanaz,櫻井敏彦,高藤誠,伊原博隆,"側鎖配向度の異なるポリマー固定相の調製と分子形状識別能の評価",第65回分析化学討論会,琉球大(沖縄),5月15-16日,2004年
  89. 春藤淳臣,櫻井敏彦,高藤誠,永岡昭二,伊原博隆,"ポリ( L-アラニン)グラフト化シリカによる π 電子含有構造異性体に対する形状識別と光学分割への応用",第65回分析化学討論会,琉球大(沖縄),5月15-16日,2004年
  90. Mohammed Mizanur Rahman,Ansarian Hamid Reza,Derakshan Mahnaz,櫻井敏彦,高藤誠,伊原博隆,"Shape selective separation of PAHs in RP-HPLC using double chain L-glutamide derived lipid-grafted silica",第65回分析化学討論会,琉球大(沖縄),5月15-16日,2004年
  91. 益田裕樹,佐藤崇雄,櫻井敏彦,高藤誠,伊原博隆,永岡昭二,"親水部に糖鎖を有する新規高分子型界面活性剤の調製とその評価",第53回高分子学会年次大会,神戸国際会議場(神戸),5月25-27日,2004年
  92. 櫻井敏彦,古賀正樹,高藤誠,伊原博隆,"β-構造型(Lys-Leu)8オリゴペプチドによる可溶性ナノファイバー構造の形成",第53回高分子学会年次大会,神戸国際会議場(神戸),5月25-27日,2004年
  93. Ansarian Hamid Raze, Derakshan Mahanaz, Rahman Mohammed, Mizanur, Chowdhury Md Saleh, 櫻井敏彦,高藤誠,伊原博隆,"シリカ粒子上にグラフト化されたクシ型ポリマーの配向状態に関する評価",第53回高分子学会年次大会,神戸国際会議場(神戸),5月25-27日,2004年


  94. (国際学会)
  95. T. Satoh, S. Nagaoka, T. Sakurai, M. Takafuji and H. Ihara, "Preparation of Novel Oligosaccharide-Pendant Polymers as Water Dispersible Nano Particle", 15th MRS-Japan Academic Symposium, Tokyo, Japan. December 23-24, 2004.
  96. S. Nagaoka, K. Arinaga, T. Sakurai, M. Takafuji and H. Ihara, "Carbon-TiO2 Hybrid Spherical Microbeads with Photocatalytic Activity Prepared using Cellulose-Inorganic Hybrid-sphering Technique", 15th MRS-Japan Academic Symposium, Tokyo, Japan. December 23-24, 2004.
  97. M. Rahman, H. Ansarian, M. Derakshan, T. Sakurai, M. Takafuji, H. Ihara, "Synthesis and chromatographic behavior of new L-glutamide derived-lipid graf ted silica as novel organic stationary phase in RP-HPLC", 16th Japan-Korea Joint Seminar for Young Organic Chemists, Saga, Japan, Nobember 13, 2004.
  98. T. Shirosaki, T. Sakurai, D. Alekperov, G. Popova, H. Ihara, "Photo-sensitive trigger: Dendric cyclotriphosphazene derivative with dialkylazobenzene substituents", 21 th Europian Colloquium on Heterocyclic Chemistry, Sopron (Hungary), September 12-17, 2004.
  99. T. Mimaki, T. Sakurai, M. Takafuji, S. Nagaoka, H. Ihara, "Novel polymeric organic phase showing end-capping effect and unique molecular shape selectivity in RP-HPLC", International Symposium: Analytical Forum, Warsaw, Poland, October 4-8, 2004.
  100. T. Sakurai, M. Koga, M. Takafuji, and H. Ihara, "Nano-fibrillar fibrirous aggregation structure of -sheet-forming (Lys-Leu)8", 128 Faraday Discussion: Self-Organising Polymers, University of Leeds (UK), July 19-21, 2004.
  101. 2003

  102. 益田裕樹,永岡昭二,佐藤崇雄,櫻井敏彦,高藤誠,伊原博隆,"親水部に糖を有する界面活性剤の調製とその界面活性能評価",第18回熊本県産学官技術交流会,ウェルシティ熊本(熊本),1月27日,2004年
  103. Ansarian Hamid Raze, Derakshan Mahanaz, T. Sakurai, M. Takafuji, H. Ihara,"Detection of crystal-to-isotropic phase transition of poly(octadecyl acrylate) grafted on silica by 1H-NMR spectroscopy using nanoprobe.",日本化学会西日本大会,広島大(広島),10月25-26日,2003年
  104. ジャミル アレクペロフ,櫻井敏彦,高藤誠,伊原博隆,"シクロフォスファゼンを中心骨格に持つ星形オリゴペプチドの調製",生体機能関連化学部会(18回)・バイオテクノロジー部会(7回)合同シンポジウム,熊本大(熊本),10月12-13日,2003年
  105. 櫻井敏彦,松下由佳,堀川真希,久保 敦,高藤 誠,谷口功,伊原博隆,"分子間水素結合を利用した自己組織化単分子膜のパターン化",生体機能関連化学部会(18回)・バイオテクノロジー部会(7回)合同シンポジウム,熊本大(熊本),10月12-13日,2003年
  106. 櫻井敏彦,古賀正樹,高藤 誠,伊原博隆,"β-構造型(Lys-Leu)8オリゴペプチドによる繊維状ナノ会合体の構築",生体機能関連化学部会(18回)・バイオテクノロジー部会(7回)合同シンポジウム,熊本大(熊本),10月12-13日,2003年
  107. 櫻井敏彦,古賀正樹,高藤誠,伊原博隆,"β-構造型(Lys-Leu)8オリゴペプチドが形成する可溶性ナノファイバー繊維構造",第18回生体機能関連化学シンポジウム若手フォーラム,熊本大(熊本),10月11日,2003年
  108. 櫻井敏彦,古賀正樹,高藤 誠,伊原博隆,"β-構造型(Lys-Leu)8オリゴペプチドによる分散性ナノ会合体の創成",第52回高分子討論会,山口大(山口),9月24-26日,2003年
  109. 山田泰輔,櫻井敏彦,高藤 誠,佐川 尚,伊原博隆,"フルオロフォアを有するSelf-assembling organogelの増幅キラリティーを用いたキラル識別に関する研究",第52回高分子討論会,山口大(山口),9月24-26日,2003年
  110. 城崎智洋,Dzhamil Alekperov,櫻井敏彦,高藤 誠,伊原博隆,Galina Popova,"シクロフォスファゼンを中心骨格とした自己修復形オルガノゲル",第52回高分子討論会,山口大(山口),9月24-26日,2003年
  111. 高藤 誠,石躍 新,櫻井敏彦,鉢迫 博,伊原博隆,"ペプチド脂質による重合性モノマー溶液のゲル化とその光重合",第52回高分子討論会,山口大(山口),9月24-26日,2003年
  112. 三牧崇優,董偉,高藤 誠,櫻井敏彦,永岡昭二,伊原博隆,"ポリビニルピリジンによってエンドキャッピングされたシリカの作製とこれによる選択性の発現",日本分析化学会第52年会,東北大(仙台),9月23-25日,2003年
  113. 春藤淳臣,櫻井敏彦,高藤 誠,永岡昭二,伊原博隆,"ポリアラニンの二次構造上に配列した官能基を利用する多重相互作用型分子形状認識",第40回化学関連支部合同九州大会,北九州国際会議場(北九州),7月5日,2003年
  114. 江頭いづみ,牛島法子,櫻井敏彦,高藤 誠,伊原博隆,"ホスホリルコリン基を含有する両親媒性コポリマーの調製",第40回化学関連支部合同九州大会,北九州国際会議場(北九州),7月5日,2003年
  115. 原田弘孝,櫻井敏彦,高藤 誠,鉢迫 博,伊原博隆,"L−グルタミド誘導体から形成されるナノゲルのキラリティと光学分割能の評価",第40回化学関連支部合同九州大会,北九州国際会議場(北九州),7月5日,2003年
  116. 宮本明広,西原正通,高藤 誠,櫻井敏彦,真下茂,伊原博隆,"超重力場を用いたポリハロゲン化スチレンのラジカル重合に関する研究",第40回化学関連支部合同九州大会,北九州国際会議場(北九州),7月5日,2003年
  117. 堀川真希,櫻井敏彦,久保淳,高藤 誠,谷口功,伊原博隆,"指向性分子間水素結合を利用した2次元自己組織化パターニング",第40回化学関連支部合同九州大会,北九州国際会議場(北九州),7月5日,2003年
  118. 高藤誠,井手俊一,櫻井敏彦,Xu Zhanghe ,伊原博隆,"塩基性ポリマーグラフト化磁性粒子の調製とその金属イオン吸着剤への応用",第52回高分子学会年次会,名古屋国際会議場(名古屋),5月28-30日,2003年
  119. 原田弘孝,櫻井敏彦,高藤 誠,伊原博隆,鉢迫博,"長鎖ジアルキルL-グルタミドによるキラルオルガノゲルの形成とシアニン系色素によるキラリティの評価",第52回高分子学会年次会,名古屋国際会議場(名古屋),5月28-30日,2003年
  120. 勝本将弘,櫻井敏彦,高藤 誠,伊原博隆,"L-グルタミド含有ポリマーによる自己集積型オルガノゲルの形成",第52回高分子学会年次会,名古屋国際会議場(名古屋),5月28-30日,2003年


  121. (国際学会)
  122. T. Shirosaki, D. Alekperov, G. Popova, T. Sakurai, M. Takafuji, and H. Ihara, "Synthesis and characterization of novel L-glutamid derived organogelator based on cyclotriphosphazene core", 15th Japan-Korea Joint Seminar for young Organic Chemist, Fukuoka (Japan), November 15, 2003.
  123. T. Shirosaki, D. Alekperov, G. Popova, H. R. Ansarian, M. Derakhshan, T. Sakurai, M. Takafuji, and H. Ihara, "Self-assembled organogels from Lipophilic L-glutamide derivatives immobilized on cyclotriphosphazene", 03' Kyushu-Seibu/Pusan-Kyeongnam Joint Symposium on High Polymers(11th) and Fibers(9th), Pusan (Coria) November, 4-6, 2003.
  124. T. Yamada, H. Harada, T. Sakurai, M. Takafuji, H. Hachisako, and H. Ihara, "Evaluation of chiral recognition ability of lipophilic L-glutamide delivative in organic solution", The 15th International Symposium on Chirality (ISCD-15), Shizuoka (Japan), October 24-26, 2003.
  125. T. Sakurai, M. Koga, M. Takafuji, and H. Ihara, "Nano-fibrillar fibrirous aggregation structure of -sheet-forming (Lys-Leu)8", Synthetic Receptors2003, Lisbon (Portugal), October 15-17, 2003.
  126. T. Sakurai, G. Popova, D. Alekperov, H. Ihara, A. Spitsyn, and T. Shirosaki, "Multifunctional oligopeptide receptors with cyclic mimeties", Synthetic Receptors2003, Lisbon (Portugal), October 15-17, 2003.
  127. T. Shirosaki, H. Ansarian, M. Derakhshan, D. Alekperov, G. V. Popova, T. Sakurai, M. Takafuji, and H. Ihara, "Self-restoring organogels from lipophilic L-glutamide derivatives immobilized on cyclotriphosphazene. ", The 39th IUPAC Congress and 86th Conference of The Canadian Society for Chemistry, Ottawa (Canada), August 10-15, 2003.
  128. H. Ihara, T. Mimaki, W. Dong, T. Sakurai, M. Takafuji, and S. Nagaoka, "Unique retention behavior appeared by silica coated with basic polymer as novel organic phase", 27th International Symposium on Hifg Performance Liquid Phase separations and Related Techniques, Nice (France), June 15-20, 2003.
  129. 2002

  130. 後藤嘉宏,櫻井敏彦,高藤 誠,伊原博隆,"熱応答性ポリマー固定化シリカ複合体(1)〜クシ型ポリマーの結晶性を利用する分子認識〜",日本化学会西日本支部合同大会,九工大(北九州),11月2-3日, 2002年
  131. 井手俊一,山田泰輔,櫻井敏彦,高藤 誠,伊原博隆,"熱応答性ポリマー固定化シリカ複合体(2)〜ピリジル基含有コポリマーの合成と機能制御〜",日本化学会西日本支部合同大会,九工大(北九州),11月2-3日, 2002年
  132. 古賀正樹,礒部靖博,櫻井敏彦,伊原博隆,"Lys-Leu 交互オリゴペプチドのβ-構造生成を利用する繊維状ナノ会合体の形成と構造評価",日本化学会西日本支部合同大会,九工大(北九州),11月2-3日, 2002年
  133. 石躍新,山田泰輔,高藤誠,櫻井敏彦,鉢迫博,伊原博隆,"自己集積型オルガノゲルの重合によるミクロ環境の固定化と評価",日本化学会西日本支部合同大会,九工大(北九州),11月2-3日, 2002年
  134. 春藤淳臣,櫻井敏彦,永岡昭二,伊原博隆,"ポリペプチドの二次構造による官能基の配列制御とこれによる多重相互作用型分子形状認識",日本化学会西日本支部合同大会,九工大(北九州),11月2-3日, 2002年
  135. 櫻井敏彦,古賀正樹,高藤 誠,伊原博隆,"Lys-Leu交互シーケンシャルポリペプチドによる水溶性ナノファイバーの構築と構造評価",第51回高分子学会討論会,九工大(北九州),10月2-4日,2002年
  136. 櫻井敏彦,山田泰輔,原田弘孝,高藤 誠,伊原博隆,鉢迫博,"自己組織化オルガノゲルにおけるエナンチオ選択性の評価",第51回高分子学会討論会,九工大(北九州),10月2-4日,2002年
  137. D. Alekperov, H. Ihara, M. Takafuji, T. Sakurai, G. Popova, and V. kireev, "Design and Synthesis of 6-Helix-Bundle Oligopeptides supported by Cyclotriphosphazene", 第51回高分子学会討論会,九工大(北九州),10月2-4日,2002年
  138. 勝本将弘,櫻井敏彦,高藤 誠,伊原博隆,"L-グルタミド含有ポリマー型自己集積型オルガ丿ゲルの創製",第39回化学関連支部合同九州大会,九州大(福岡),7月19日,2002年
  139. 古賀正樹,櫻井敏彦,高藤 誠,伊原博隆,"β構造型交互共重合ペプチドによるナノワイヤーの創製",第39回化学関連支部合同九州大会,九州大(福岡),7月19日,2002年
  140. 石躍新,山田泰輔,高藤 誠,櫻井敏彦,鉢迫 博,伊原博隆,"自己集積型オルガノゲルの高分子化によるミクロ環境の固定化",第39回化学関連支部合同九州大会,九州大(福岡),7月19日,2002年
  141. 三牧崇優,董 偉,高藤 誠,櫻井敏彦,永岡昭二,伊原博隆,"ポリビニルピリジンをグラフト化した多孔質シリカの調製と評価",第39回化学関連支部合同九州大会,九州大(福岡),7月19日,2002年
  142. 西原正通,高藤 誠,櫻井敏彦,伊原博隆,真下 茂,"超高加速度場を用いた新規分離プロセスの開発〜低分子量有機化合物の直接分離〜",第39回化学関連支部合同九州大会,九州大(福岡),7月19日,2002年
  143. 櫻井敏彦,古賀正樹,高藤 誠,伊原博隆,"Lys-Leu型交互オリゴペプチドを用いた水溶性ナノファイバーの形成",第51回高分子学会年次会,パシフィコ横浜(横浜),5月29-31日,2002年
  144. 高藤 誠,石躍 新,山田泰輔,櫻井敏彦,鉢迫 博,伊原博隆,"自己集積型オルガノゲルの重合によるキラル配向構造の固定化",第51回高分子学会年次会,パシフィコ横浜(横浜),5月29-31日,2002年


  145. (国際学会)
  146. A. Shundou, T. Sakurai, H. Ihara, and S. Nagaoka, "Exceptionally Enhanced Selectivity toward Polycyclic Aromatic Hydrocarbons by Secondary Structural Poly(L-Alanine) on Silica", IUPAC Polymer Conference on the Mission and Challenges of Polymer Science and Technology (IUPAC-PC2002),Kyoto(Japan), December 2-5, 2002.
  147. T. Sakurai, M. Koga, M. Takafuji, and H. Ihara, "Formation of nano-fibrous aggregates from (L-Lys-L-Leu)8 derivatives in dilute aqueous solution", Yangtze Conference on Fluids and Interfaces, Nanjing-to-Wuhan (China), October 12-18, 2002.
  148. H. Ihara, T. Yamada, T. Sakurai, M. Takafuji, and H. Hachisako, "Formation of self-assembling organogels through nano-fibrillar aggregation by lipophilic L-Glutamide derivatives", Yangtze Conference on Fluids and Interfaces, Nanjing-to-Wuhan (China), October 12-18, 2002.
  149. T. Sakurai, M. Koga, and H. Ihara, "Formation of Water-soluble Nanofiber from L-Lys- and L-Leu-based Oligopeptides", International Symposium on Bioorganic Chemistry 2002 (ISBOC6), Toronto (Canada), August 11-14, 2002.
  150. H. Ihara, T. Hashimoto, T. Yamada, T. Sakurai, M. Takafuji, T. Sagawa, and H. Hachisako, "Enantioselectivity of Self-Assembling Organogels from Lipophilic L-Glutamide Derivatives", International Symposium on Bioorganic Chemistry 2002 (ISBOC6), Toronto (Canada), August 11-14, 2002.
  151. A. Shundou, T. Sakurai, H. Ihara, and S. Nagaoka, " -Helix on Silica ~Exceptionality Enhanced Selectivity toward Polycyclic Aromatic Hydrocarbons~", International Symposium on Bioorganic Chemistry 2002 (ISBOC6), Toronto (Canada), August 11-14, 2002.
  152. D. Alekperov, G. Popova, V. Kireev, H. Ihara, and T. Sakurai, "Template synthesis of alpha-helical peptides on cyclotriptophazene", Molecular design and synthesis of supramolecular architectures, August 27-31, 2002.
  153. D. Alekperov, H. Ihara, V. Kireev, G. Popova, T. Sakurai, and A. Spitcyn, "Organic/inorganic heterocyclic hybrids as universal templates and building blocks", XX European Conference Heterocycles, Sweden, August 18-21, 2002.
  154. W. Don, Y. Goto, T. Sakurai, M. Takafuji, S. Nagaoka, and H. Ihara, "Molecular-shape selectivity for polyaromatic hydrocarbons in RP-HPLC using poly(acrylonitrile)-silica", 39th International Symposium on Macromolecules Chemistry 2002, Beijing (China), July 7-1, 2002.
  155. T. Yamada, T. Sakurai, M. Takafuji, H. Hachisako, and H. Ihara, "Photo-Sensitive Self-Assembling Organogels from Lipophilic L-Glutamide Derivatives", 39th International Symposium on Macromolecules Chemistry 2002, Beijing (China), July 7-1, 2002.
  156. 2001

  157. 塚本浩仁,後藤嘉宏,櫻井敏彦,高藤 誠,伊原博隆,永岡昭二,"結晶性ポリマーグラフト化シリカを用いた分子認識能の増幅(2)〜ジアステレオマー化剤としてのダンシルアミノ酸の評価〜",日本分析化学会第50年会,熊本大(熊本),11月23-25日,2001年
  158. 財津祐紀,後藤嘉宏,櫻井敏彦,伊原博隆,永岡昭二,"結晶性ポリマーグラフト化シリカを用いた分子認識能の増幅(3)〜分子配向場によるジアステレオマーのHPLC分離〜",日本分析化学会第50年会,熊本大(熊本),11月23-25日,2001年
  159. 後藤嘉宏,岩本政樹,益田裕樹,櫻井敏彦,伊原博隆,永岡昭二,"結晶性ポリマーグラフト化シリカを用いた分子認識能の増幅(4)〜結晶性ポリマーの分子配向性を利用した多環芳香族性環境汚染物質のHPLC〜",日本分析化学会第50年会,熊本大(熊本),11月23-25日,2001年
  160. 董 偉,後藤嘉宏,櫻井敏彦,高藤誠,伊原博隆,永岡昭二,"ポリアクリロニトリルの高分子効果を利用した分子形状認識型HPLC",日本分析化学会第50年会,熊本大(熊本),11月23-25日,2001年
  161. 橋本智尊,櫻井敏彦,高藤 誠,伊原博隆,鉢迫博,"キラル脂質によるオルガノゲルを用いたアミノ酸誘導体の不斉分割",日本化学会中国四国支部・同九州支部合同大会,島根大(島根),11月27-28日,2001年
  162. 城崎智洋,櫻井敏彦,高藤 誠,伊原博隆,"アゾベンゼンを含む6鎖型シクロホスファゼン脂質による オルガノゲルの機能制御",日本化学会中国四国支部・同九州支部合同大会,島根大(島根),11月27-28日,2001年
  163. 董偉,後藤嘉宏,櫻井敏彦,高藤 誠,伊原博隆,永岡昭二,"高分子効果による増幅CN-π相互作用を利用した分子形状認識",第38回化学関連支部合同九州大会,九州大(福岡),7月9日,2001年
  164. 寺本広司,西原正通,櫻井敏彦,伊原博隆,真下 茂,"メガ重力場での重合反応〜立体規則性および分子傾斜化についての検討〜",第38回化学関連支部合同九州大会,九州大(福岡),7月9日,2001年
  165. 板井豊充,西原正通,櫻井敏彦,伊原博隆,真下 茂,"高重力場を利用したSi-Ti系傾斜ガラスの創製",第38回化学関連支部合同九州大会,九州大(福岡),7月9日,2001年
  166. 牛島法子,櫻井敏彦,高藤誠,伊原博隆,鉢迫博,"オルガノゲルを形成するアクリレートテロマー型脂質の調製と会合特性の評価",第38回化学関連支部合同九州大会,九州大(福岡),7月9日,2001年
  167. 塚本浩仁,後藤嘉宏,櫻井敏彦,伊原博隆,永岡昭二,"結晶性ポリマー有機相を利用する不斉識別〜ダンシルアミノ酸を用いた新規ジアステレオマー化剤の探索〜",第38回化学関連支部合同九州大会,九州大(福岡),7月9日,2001年
  168. 春藤淳臣,櫻井敏彦,伊原博隆,永岡昭二,岸良一,上野 勝彦,"生体適合化材料を指向したアミノ酸からの両性電解質ポリマーの調製",第38回化学関連支部合同九州大会,九州大(福岡),7月9日,2001年
  169. 城戸直之,櫻井敏彦,佐川尚,鉢迫博,伊原博隆,"錯体形成能を有するキラル脂質類似物によるオルガノゲル形成",第50回高分子学会年次大会,大阪国際会議場(大阪),5月23-25日,2001年
  170. 城崎智洋,櫻井敏彦,Galina Popova,伊原博隆,"光官能基を有する脂質型ホスファゼンの合成と有機溶媒中での分散挙動",第50回高分子学会年次大会,大阪国際会議場(大阪),5月23-25日,2001年
  171. 財津祐紀,後藤嘉宏,櫻井敏彦,佐川尚,伊原博隆,永岡昭二,"脂質膜アナログを利用する不斉識別(1)〜結晶場によるジアステレオマー分離の増幅〜",第50回高分子学会年次大会,大阪国際会議場(大阪),5月23-25日,2001年
  172. 塚本浩仁,後藤嘉宏,櫻井敏彦,伊原博隆,永岡昭二,"脂質膜アナログを利用する不斉識別(2)〜ダンシルアミノ酸のジアステレオマー化剤としての適用〜",第50回高分子学会年次大会,大阪国際会議場(大阪),5月23-25日,2001年
  173. 沖田義寛,後藤嘉宏,櫻井敏彦,佐川尚,伊原博隆,永岡昭二,"脂質膜アナログを利用する不斉識別(3)〜キラル結晶場によるアミノ酸誘導体の光学分割〜",第50回高分子学会年次大会,大阪国際会議場(大阪),5月23-25日,2001年


  174. (国際学会)
  175. H. Ihara, T. Sakurai, M. Takafuji, T. Sagawa, and H. Hachisako, "Metal ion-induced chirality control of organic gel systems from amino acid-derived lipids", International Symposium on Self-Assembled Fibrillar Networks, Autrans (France), November 24-28, 2001.
  176. T. Sagawa, T. Yamada, T. Sakurai, H. Hachisako, M. Takafuji, K. Ohkubo, and H. Ihara, "Fluorescence characterization of fibrous networks in organic gel systems by pyrene-labeled L-glytamic acid-derived lipids", International Symposium on Self-Assembled Fibrillar Networks, Autrans (France), November 24-28, 2001.
  177. M. Takafuji, A. Ishiodori, T. Sakurai, H. Hachisako, and H. Ihara, "Polymerization of Organogel from L-Glutamic Acid Derived Lipids", 01' Kyushu-Seibu/Pusan-Kyeongnam Joint Symposium on High Polymers(10th) and Fibers(8th), November 1-3, 2001.
  178. W, Dong, Y. Goto, T. Sakurai, M. Takafuji, S. Nagaoka, and H. Ihara, "Detection of Enhanced Molecular-Shape Selectivity toward Polyaromatic Hydrocarbons through Poly (acrylonitrile)", 01' Kyushu-Seibu/Pusan-Kyeongnam Joint Symposium on High Polymers(10th) and Fibers(8th), November 1-3, 2001.
  179. T. Yamada, M. Takafuji, T. Sakurai, T. Sagawa, H. Hachisako, and H. Ihara, "Evaluation of Chiral Organogels from Fluorophore-Labeled L-Glutamic Acid Delived Lipids", 01' Kyushu-Seibu/Pusan-Kyeongnam Joint Symposium on High Polymers(10th) and Fibers(8th), November 1-3, 2001.
  180. M. Nishihara, T. Sakurai, M. Takafuji, H. Ihara, and T. Mashimo, "Separation of trihalogenated aromatic compounds by means of mega gravity field", 52nd International Astronautical Congress, Toulouse (France), October 1-5, 2001.
  181. Y. Goto, Y. Masuda, T. Sakurai, S. Nagaoka, and H. Ihara, "Chromatographic Separation of Carcinogenic Dinitropyrenes with Chiral Comb-shaped Polymer as Stationary Phase", HPLC Kyoto International Symposium on High Performance Liquid Phase Separation and Related Techniques, Kyoto (Japan), September 11-14, 2001.
  182. T. Sakurai, H. Kido, M. Takafuji, H. Hachisako, and H. Ihara, "Metal ion-induced chiral control of organogels from L-glutamic acid-derived lipids", 26th International Symposium on Macrocyclic Chemistry (ISMC-2001), Fukuoka (Japan), July 15-20, 2001.
  183. 2000

  184. 岩本政樹,後藤嘉宏,櫻井敏彦,佐川尚,永岡昭二,伊原博隆,"結晶性ポリオクタデシルアクリレ−トの分子配向性を利用した多環芳香族性環境汚染物質の分離について",第37回化学関連支部合同九州大会,九州大(福岡),7月18日,2000年


  185. (国際学会)
  186. Y. Goto, N. Nakanishi, T. Sakurai, T. Sagawa, and H. Ihara, "Usability of Carbonyl- Interaction Induced by the Secondary Structural Polypeptides for Molecular Recognition", Pacifichem 2000, Honolulu (USA), December 14-19, 2000.
  187. 1999

  188. 櫻井敏彦,木下隆利,辻田義治,吉水広明,"Au(111)表面上に形成されたポリペプチド自己組織化構造の特性評価",第48回高分子学会討論会,新潟大(新潟), 10月6-8日,1999年
  189. 櫻井敏彦,木下隆利,辻田義治,吉水広明,"Au(111)表面におけるポリペプチド自己組織化とペプチド鎖長",第48回高分子学会年次大会,国立京都国際会館(京都),5月27-29日,1999年
  190. 櫻井敏彦,木下隆利,辻田義治,吉水広明,"Au(111)表面に形成されたポリペプチド自己組織化単分子膜構造",平成11年度繊維学会年次大会,幕張メッセ(千葉), 5月10-12日,1999年


  191. (国際学会)
  192. T. Sakurai, T. Kinoshita, Y. Tsujita, and H. Yoshimizu, "Molecular Recognition by Polypeptide monolayer self-assembled on surface.", The 11th The Materials Research Society of Japan, Tokyo (Japan), December 16, 17th, 1999.
  193. T. Sakurai, T. Kinoshita, Y. Tsujita, and H. Yoshimizu, "Structures of Self-Assembled Monolayer of Polypeptides on Au(111) Surface.", The 5th International Symposium on Polymers for Advanced Technologies, Tokyo(Japan), August 31-September 5, 1999.
  194. 1998

  195. 櫻井敏彦,木下隆利,辻田義治,吉水広明,"Au(111)表面上におけるポリペプチドSAMの構造制御",第29回中部化学関連学協会支部連合秋季大会,三重大(三重),9月31日,1998年
  196. 櫻井敏彦,木下隆利,辻田義治,吉水広明,"Au(111)表面上におけるポリペプチド自己組織化単分子膜の構造",第47回高分子討論会,名古屋国際会議場(名古屋), 9月30-10月1,1998年
  197. T. Sakurai, T. Kinoshita, Y. Tsujita, and H.Yoshimizu, "Structures of Self-Assembled Polypeptides on Au(111) Surface.", 13th Symposium of Biofunctional Chemistry, The Chemical Society of Japan, Matsuyama (Japan), Sept. 10, 1998
  198. 櫻井敏彦,木下隆利,辻田義治,吉水広明,"無機結晶表面における両親媒性ポリペプチドの自己組織化構造",平成10年度繊維学会年次大会,国立教育会館(東京),6月22日,1998年
  199. 櫻井敏彦,鈴木昌幸,小川直樹,木下隆利,辻田義治,吉水広明,"単結晶基板上におけるポリペプチドの自己組織化構造",第47回高分子学会年次大会,国立京都国際会館(京都), 5月26-28日,1998年


  200. (国際学会)
  201. T. Sakurai, T. Kinoshita, Y. Tsujita, and H. Yoshimizu, "Structures of Self-Assembled Polypeptides on Au(111) Surface", The 5th Australia-Japan Symposium on Colloid Science, Fukuoka(Japan), August 3-5, 1998.
  202. T. Sakurai, T. Kinoshita, Y. Tsujita, and H.Yoshimizu, "Self-assembly of peptide-based amphiphile on Au(111) crystallines", The 8th research conference, Wakayama (Japan), July 7, 1998.
  203. 1997

  204. 櫻井敏彦,鈴木昌幸,小川直樹,木下隆利,辻田義治,吉水広明,"無機結晶上に吸着した有機分子構造",第28回中部化学関連学協会支部連合秋季大会,豊橋技大(豊橋),10月5日,1997年
  205. 櫻井敏彦,鈴木昌幸,小川直樹,木下隆利,辻田義治,吉水広明,"無機結晶上の有機分子吸着表面",第46回高分子学会討論会,名工大(名古屋),10月2-4日,1997年
  206. 櫻井敏彦,溝上寛,坂田眞砂代,伊原博隆,平山忠一,古川真一,"細胞培養における基材被覆法に関する研究",第7回バイオ・高分子シンポジウム,上智大(東京),7月24-25日, 1997年
  207. 1996

  208. T. Sakurai, S. Furukawa, H. Mizokami, M. Sakata, H. Ihara, and C. Hirayama, "Effect of Phenyl group-containing polymers on cell growth", 11th Symposium of Biofunctional Chemistry, The Chemical Society of Japan, Fukuoka (Japan),

研究テーマ

業績

年度

外部リンク