学科長からのメッセージ

kyouju.jpg

私たちの生物応用工学科は、「地球環境から生体内(細胞内)環境までの様々な問題を解決するアイデアとリサーチが満載です。」をキャッチコ ピーとしています。政府が発表した新成長戦略によれば、環境・エネルギー を対象とする「グリーンイノベーション」と、医療・健康を対象とする「ライフイノベーション」が、日本の強みを生かす成長分野の柱として位置づけており、バイオテクノ ロジーはこの柱を支える中心的な技術であると考えられます。私たちの学科では、このような社会の要請に応えるために、「環境バイオテクノロジー」、「食品バイオテクノロジー」、および「医療バイオテクノロ ジー」のそれぞれの分野で国際的に活躍されている先生方による教育を行っています。また、卒業生の皆さんは「化学工業」、「食品工業」、「医薬品工業」、 さらには「生物情報(バイオインフォマティックス)産業」分野の最前線で活躍をしています。細胞の営みに興味を持ち、その仕組みを理解し、さらには産業分野への応用に意欲をもつ若者の入学をお待ちしています。

平成25年度学科長 簗瀬 英司

最終更新:2013/8/02